電話で相談

受付時間:平日9:00~17:00

資料請求

お問い合わせ

eKYC 本人確認サービス

高精度の生体認証技術を手間なく、
スピーディ、低コストで導入可能

エムティーアイ × Polarify eKYCの信頼ある本人確認システム

  • UIUXに強い

    music.jpやルナルナなどの自社サービスのユーザに鍛えられたUIUXのノ ウハウを駆使し、顧客視点でのプロダクトと顧客体験をデザインします。ターゲットを絞った上、使いやすさには徹底的にこだわっています。

  • 目検不要!!

    ポラリファイ(SMBCグループ)の本人確認システムを採用。本人確認書類の顔画像と本人容貌画像の同一性をシステムで自動判定。
    目検不要でバックオフィスの負担を軽減します。

  • URL設定だけで導入可能!!

    貴社の申込システムを改修することなく、eKYCの設置が可能。URLを設定するだけ完了するため、システム開発の負担を軽減します。

  • 最短1分~審査完了!

    簡単操作の管理コンソールを完備。最短7フローで審査が完了します。審査システムを別途ご用意いただく必要はありません。

  • 網羅的な継続的顧客管理

    FATFの勧告を受け、継続的顧客管理の対応が急務です。WEBを活用したスモールスタート、コスト削減のためのステータス管理、法人の実質的支配者の確認も対応します。

  • 信用スコアリング

    eKYCの顔認証情報を蓄積しておき、顔認証のみによるアクセスを実現します。加えて、他の個人情報の蓄積により、信用情報のプラットフォームを提供します。

ACHIEVEMENT

導入実績

日本生命様 事例
リリース時期

2022/4/1

ご利用手続き内容

住所変更/電話番号変更

特徴
  • スマートフォンで撮影した保険加入者自身の顔写真と本人確認書類で認証を行うため、パスワードの入力が不要
  • 保険加入者が記入間違いや手順の迷いなくスムーズに手続きができるよう、UI/UXに配慮したデザインに刷新し、視認性・操作性を向上
〈実際の手続き完了までの画面遷移〉
MERIT

eKYC適用によるメリット

犯収法(犯罪収益移転防止法施行規則)の改正により、 口座開設の際に「オンライン本人確認」(eKYC)が認められるようになりました。 従来は郵送により行っていた本人確認をオンラインで行うことで、 数日から1週間かかっていた作業が、短時間で完了します。 ご利用者様・金融機関様双方にとってメリットのあるサービスです。

  • 店頭手続き不要

    オンライン上で手続きが完了します。利用者は店頭へ行く手間がなくなるため、金融機関の店頭業務が削減されます。

  • 郵送作業が不要

    郵送業務が不要になるため、郵送料・人件費が削減されます。利用者は郵送受取が不要になります。

  • サービス利用までの期間短縮

    口座開設などでは通常1週間ほどかかっていたものが大幅に期間短縮が見込め、利用者の離脱防止につながります。

ABOUT

サービス全体像

  • ユーザー

    本人確認データの送信

    • 本人特定事項
    • 顔写真付き本人確認書類
    • リアルタイムセルフィー画像
  • エムティーアイ × Polarify eKYC

    システム判定

    • リアルタイムセルフィー画像と
      顔画像(本人確認書類)の照合
    • リアルタイムセルフィー画像の真贋判定
  • 金融機関

    審査業務

    • 管理コンソール画面で情報閲覧・印刷・ファイル出力
FUNCTION

機能概要

  • 口座開設・各種申請機能
    (ユーザー向け画面)

    普通口座開設、投信口座開設、その他各種申請機能のフォームをご提供します。ご要望に応じてカスタマイズも可能です。

  • リアルタイム
    本人確認

    高精度の顔認証エンジンを活用した顔画像の一致確認と、独自の実在性チェック機能による別人のなりすましを自動的に検知します。

  • 管理コンソール
    機能提供

    申込者情報の閲覧・利用権限管理、情報のファイル化、印刷機能およびそれらに対するセキュリティ対策を行います。

  • 個人情報保管

    金融機関のシステムにデータが移管されるまでの期間、委託先としての個人データの厳格な管理・保管をします。

  • 継続的顧客管理

    Webで完結させることにより、最小限の運用負荷・コストでの継続的顧客管理を実現します。顧客の格付に合わせ、eKYCの有無を制御することも可能です。

  • OCR機能提供などの
    オプション機能

    OCRなど多彩な外部機能・サービスとの連携が可能になります。